膿栓

膿栓の作り方

最近、私は風邪を引くことは少なかったのですが、今年の冬は厳しく長かったせいか、何度か風邪を引いてしまいました。それと比例して膿栓ができる回数も増えました。
膿栓は細菌と白血球の死骸の塊なので、風邪を引くとできやすくなります。
もし、膿栓を作りたかった風邪を引くことです。さらに大玉を作りたければ、膿栓をひたすら喉に放置しましょう。口臭が気になっても、ひたすらです。
くしゃみをするとその拍子に出てしまう可能性もあるのでそれも注意しましょう。
なお、私も大玉を作ろうとして、膿栓を数日間放置していたのですが、やっぱり気になって取り出してしまいました…。膿栓を取るのも楽しいので、我慢しきれませんでした。

 

もし、特大の膿栓がとれたという人は、写真にとって
eisay3★★yahoo.co.jp
(★★を@に変えて)
まで送って貰えれば、本サイトで紹介したいと思います!