口臭 膿栓

膿栓と口臭との関係

小さくても猛烈に臭い膿栓は口臭の原因になる可能性があります。しかし、口臭の原因は舌苔(舌の表面の白い苔状の物質)と歯周病である場合がほとんどです。また、体調が悪かったり、緊張で唾液が少なくなった時なども口臭が出やすくなります。さらに、口臭を気にする人の中には、単なる気のせいという「自臭症」である割合も少なくありません。
以上のことから、一般的に膿栓は口臭の主な原因とまでは言えません。
しかし、舌苔もなく、歯周病にもかかっておらず、その他体調に問題がないのに口臭が気になる場合は除去するなりの対策を取るのもよいでしょう。

 

 

参考:舌苔の除去

口臭の主原因である舌苔の除去は、舌苔が多くついている起床直後に舌ブラシや柔らかい歯ブラシを使って舌の清掃を行うのがポイントです。

まずは鏡を見ながら舌を思いきり前に突き出して、舌の後方に舌苔がついていないか確認してください。舌の奥の方にブラシを入れると嘔吐反射が出そうになりますが、それを予防するには、舌を思い切り前に出し、水にぬらしただけのブラシで磨くとよいでしょう。
次に舌ブラシを鏡で見える最も奥に軽くあて、手前に引きます。決して力を入れ過ぎないようにしてください。また、この時に息を数秒間止めながら行うと、嘔吐反射が出にくくなります(右上図参照)。
清掃後は舌ブラシの先を水道の水でよく洗い、舌ブラシの先に汚れ(舌苔)がついてこなくなるまで繰り返します。
しかしながら、舌は歯と違って柔らかい組織なので、1日に何回も磨いたり、力を入れて強く磨くと、味を感じる味蕾を傷つけてしまいます。起床時の1回で十分です。また、特に舌苔がついていない人は、舌を清掃する必要はありません。

 

病的口臭対策(歯周病)

歯周病の原因は歯垢(プラーク)なので、これをなるだけ溜めないように正しい方法で歯磨きをすることが歯周病対策には必要です。
正しい歯磨きの要点は、
●力を入れすぎず、痛くない程度に小刻みに動かしてみがく(力を入れて磨くと歯ブラシの毛先が開いてしまい歯垢が落とせない。さらには、歯や歯肉を痛めてしまう。)
●1本の歯の全ての面を細かくみがく(歯ブラシの角度を変えて、いろいろな歯の面にきちんと毛先が当たるように工夫する)。
●毛先で一箇所について10回〜20回くらい磨がく(歯垢は粘着性が高いため、2〜3回歯ブラシを動かした程度では落としきれない)
●みがく順番を決めて、一巡するようにみがくとみがき残しが防げる。

 

等があげられます。また、自分に合った方法を歯科医師や歯科衛生士にアドバイスしてもらうのも良いと思います。

 

歯垢が除去されず時間が経てば、唾液のカルシウム分により歯石に変化してしてしまいます。歯石は歯周病菌の格好の棲家になってしまうので、定期的に歯医者さんで除去してもらいましょう。最近の歯医者さんでは歯の定期健診に力を入れているようで、かかりつけの歯医者さんから数 カ月に一度検診のはがきが送られてくることも多いのでこういう機会を積極的に利用すればよいでしょう。

 


歯磨きの仕方の一例
引用:「歯ow to 口臭予防 〜お口のケアで健やかな生活〜」(8020推進財団冊子)

 

自臭症とは?

気にするほどの口臭はないのに、自分の口臭を気にし過ぎることを自臭症あるいは心因性口臭といいます。生理的口臭と言って、口臭は誰にでもありますが、それすら思い悩んでしまう人は少なくありません。神経質な人や、他人に迷惑を掛けたくないという心優しい人が陥りやすいようです。

 

 

直接的な原因としては過去に口臭を指摘されたことがトラウマになっているケースがあります。生理的口臭も時間帯により変化するので、たまたまその時口臭レベルが高かっただけかもしれず、常に自分の口は臭いと思い込み、精神的に追い詰められて、社会的に消極的になってしまう人もいます。

 

 

とある病院統計によると、口臭検査・診断・治療を求めて来院人の1/3が治療の必要な口臭は認められなかったという報告があります。自臭症の人は思いのほか多いのです。

 

 

最近はそういう人のために、カウンセリングを行ってくれる歯医者さんもいます。口腔内の清浄なども行い、口臭レベルを測定し、数値を示して口臭がないことを示します。それでも納得できないなら、精神科や心療内科に依頼して治療してもらうことが出来ます。

 

 

ところで他臭症という のもあって、これは自臭症と違い、明らかに口臭があるにも関わらず、本人が全く気付かないため、他人に不快感を与えてしまう逆のはた迷惑な状態です。他臭症の人は自分の口臭に気づかない場合がほとんどなので、自分から治療することがないため厄介です。

 

本人のためにも自分のためにも指摘してあげるのが一番なのですが、デリケートな問題であるためなかなかそれが出来ないのが普通です。

 

 

傷つけないように、言葉を選んで、慎重に伝えるのが本当の優しさだと思います。とはいえ、わかっていても難しいことですが。